カニの基礎知識

カニの生・ボイルの違いと美味しい食べ方【通販で購入するならどっちがおすすめ?】

カニ 生 ボイル 違い

近頃店舗ではなく通販でカニを簡単に購入することができます。

でもどんなカニを購入しようかといろいろと調べてみるとさまざまな種類や特徴があり、どれを購入したらいいのか迷ってしまう人もとても多いです。

いろいろありすぎて選ぶのが面倒になってしまう人も少なくありません。

この記事ではまだカニのことがよく分からないという方へ、カニを購入する際に役立つ「生カニ」と「ボイルカニ」の違いについて説明していきます。

カニの購入時にぜひ役立ててくださいね。

生カニの特徴

生カニはその名の通り、生のカニのことです。

ボイルなど何も調理していない状態なので、鮮度が良く味も抜群に美味しいです。

生というと生きているのかな?と思う方もいるかもしれませんが、生カニは生きている状態のことではありません。

水揚げ後に一度冷凍され、そのあと解凍した状態のことをいいます。

活きている状態のカニのことを「活ガニ」といいますが、活ガニのように生きてはいないものの、生の状態で保存されているため高い鮮度を保つことができるのです。

ボイルなど何もされていない届くため、自宅で必ず何かしらの調理が必要になります。

ボイルされているカニは赤いのに対して、生カニは少し黒味があるのが特徴です。

ボイルカニの特徴

一番多く食べられているのがこのボイルカニです。

通販で購入する場合は冷凍されていますが、「ボイルカニ」と書かれているものは一度ボイルされてから冷凍している状態をいいます。

ボイルされていても美味しくいただけますが、やはり一度ボイルしている状態なので、鮮度は生カニには劣ります。

旨味も生カニの方がありますね。

また茹で時間などの違いから味に若干のバラつきもあります。

とはいえ、カニのプロの方がしっかりとボイルしてくれているためどれも美味しくいただけますよ。

自宅でボイルする必要がなく、解凍後そのまま食べることができる気軽さがあります。

生カニの美味しい食べ方

生カニは必ず熱を加える必要があります。

いくつか調理方法はあるので、ご紹介していきますね。

ボイルする

一番ポピュラー食べ方はボイルです。

一般的なカニのボイルの仕方は以下を参考にしてください。

①水1リットル(カニがすべて隠れるまで)に食塩を20~40グラムほど入れます。
海水よりも少し濃い目の塩味にします。
味が濃い目の方がお好みの方はだいたい40グラムを目安にしてください。

②沸騰したら、カニは必ず甲羅を下向きにして入れます。
そうすることでカニ味噌を崩さずに茹でることができます。

③カニを入れると温度が一気に下がりますので、再度沸騰するのを待ちます。
再度沸騰してから、約15分~20分ほど茹でます。
カニの大きさによって茹で時間は異なるので、大きめの場合は20分くらいがちょうどいいでしょう。
あまり長く茹ですぎると身が硬くなってしまう原因になりますので、注意してください。
またカニが浮いてくる場合は、落し蓋をしましょう。

④茹でたあとはしばらく冷水にさらします。

焼きガニ

次に焼きガニの食べ方です。

焼きガニと聞くとなんだか面倒と思う方もいるかもしれませんが、どのご家庭にもあるフライパンを使って、簡単に焼くことができます。

もちろんオーブンやグリルがある場合はそちらを使って焼いていただいても構いません。

今回はフライパンを使った焼き方を紹介します。

①フライパンを熱したらアルミを敷きます。 

②その上にカニを乗せて15分~20分程度焼きます。
カニの大きさによって調理時間 は調整してください。

フライパンでとても簡単にできるので、焼きガニもおすすめですよ。

鍋・しゃぶしゃぶ

また、生カニは鍋やしゃぶしゃぶにもおすすめです。

新鮮なので出汁もとても美味しくなります。

鍋やしゃぶしゃぶを楽しんだあとは、カニ雑炊などにして食べると二度美味しいですよ。

ボイルカニの美味しい食べ方

ボイルカニは一度茹でてあるので、解凍したあと冷たいまま食べるのが一番ポピュラーで美味しくいただけます。

お好みでお酢や酢醤油、ポン酢などと一緒に食べるとさらに美味しくなりますよ。

カニの大きさにも異なりますが、カニ一匹を完全に解凍するには10時間以上は冷凍庫から冷蔵庫に移しておく必要があります。

大きさによってはそれ以上時間がかかる場合もありますので、使う前日から忘れずに解凍しましょう。

解凍を忘れたからといって電子レンジを使うのは避けてください。

冷たいカニではなく、少し温めて食べたいという方は蒸しガニか焼きガニがおすすめです。

間違っても、ボイルするのだけはやめてくださいね。

すでにボイルカニはすでにボイルしてあるものです。

ここで再び茹でてしまうと、身が硬くなり旨味が失われ美味しくなくなってしまいます。

蒸したり焼いたりする場合は、どちらもやりすぎないように注意してください。

再度ボイルした場合と同様に、何度も火にかけることでせっかくのカニの旨味がなくなります。

あくまでも少しだけ温めるという意識で調理をしてくださいね。

また、カニ鍋やしゃぶしゃぶをしたい方は、ボイルガニはおすすめできません。

こちらも一度茹でてあるものを再度熱い湯に通すことでせっかくのカニの旨味を失ってしまいます。

通販でカニを購入するなら生・ボイルどっちがおすすめ?

鮮度や味を一番に優先したいのであれば、断然生カニの方がおすすめです。

でも、自宅でボイルするなど何らかの調理を自分でする必要があるため、手間がかかるのがデメリットです。

品質・鮮度重視!生カニの購入なら「かにまみれ」がおすすめ!

詳細ページ公式ページ

また、「茹でるだけなら簡単でしょ」と思う方もいるかもしれませんが、実は茹で加減や塩の量など素人が完璧に行うのはとても難しいのです。

ボイルカニは解凍したら美味しく食べられるように、プロの方がボイルしてくれています。

解凍するだけでとても美味しくいただけるのは、プロの方がしっかりと味や茹で時間を調整してくれているからなんですね。

生カニと比べると多少鮮度は落ちますが、カニを初めて買う方や自分でボイルをする自信がない方は、ボイルガニが断然おすすめです。

美味しいカニが安く買える!ボイルカニの購入なら「かに本舗」がおすすめ!

詳細ページ公式ページ

また、どのような食べ方をしたいかでもおすすめは変わってきます。

先ほどお話しましたが、鍋やしゃぶしゃぶなどを目的で購入したい場合は、生カニがおすすめです。

鍋やしゃぶしゃぶであれは一匹すべて購入する必要もないですし、すでに食べやすくカットしてある脚だけを部分購入すると、捌く手間や調理の手間を省くこともできますよ。

カニの生・ボイルの違いまとめ

まとめ
  • 生カニは水あげしたあと冷凍してある状態
  • ボイルカニは一度ボイルしたあとに冷凍した状態
  • 生カニは鮮度抜群だが、必ず調理をする必要があり手間もかかる
  • ボイルカニは解凍したらそのまま食べることができる
  • 生カニは鍋やしゃぶしゃぶには向いていない
  • ボイルカニは再びボイルしたり何度も火に通すと美味しくなくなる

この記事では「生カニ」と「ボイルカニ」の違いについて説明しました。

実際どのような違いがあるのか分かっていただけましたか?

どのような食べ方がしたいのかでも変わってきますし、自宅で調理できる環境が整っているのかも大切です。

何も知らずに生カニの方が鮮度も高いし美味しそうだからという理由だけで購入すると、自分でうまく調理ができずにせっかくのカニが美味しく食べられなくなってしまうかもしれません。

自分に合ったカニはどちらかを購入前にしっかり比較していきましょう。

生カニ・ボイルカニを購入するのにそれぞれおすすめなカニ通販サイトはこちらにまとめていますので、ネットで購入したい方はこちらも是非参考にしてください。

おすすめカニ通販ランキングを見てみる

関連記事
カニ 賞味期限 カニの基礎知識

【カニの賞味期限と冷凍保存の方法】生・ボイル別に長持ちする保存テクを紹介

2020年12月8日
カニ通販おすすめランキング【訳ありで安い】人気7社を徹底比較!
年末年始に向けてカニの購入を検討していている人が増えているのではないでしょうか。 そこで気になるふたつの疑問点について、この記 …
ズワイガニ タラバガニ 毛ガニ 違い カニの基礎知識

ズワイガニ・タラバガニ・毛ガニ・花咲ガニの違い「値段に差はあるの?」

2020年12月6日
カニ通販おすすめランキング【訳ありで安い】人気7社を徹底比較!
カニがおいしい季節がやってきますね。 カニといってもいろんな種類があることはみなさんご存知だとは思いますが、それぞれどんな特徴があるの …